負荷試験

原因と思われるアレルギー物質を摂取して、湿疹が出るかどうか検査します。

症状がきつくあらわれてしまうこともあるので、外来で検査するというよりは、入院での検査になることがあります。