皮膚検査

調べる物 アトピー判断基準
スクラッチテスト 原因と思われるアレルギー物質を皮膚にたらして、針で少しだけ皮膚を引っかきます。そして、15分後、赤くなったり、蚊にかまれたような湿疹が出れば、たらしたアレルギー物質が原因である事が分かります。
パッチテスト 原因と思われるアレルギー物質を皮膚に貼り付けます。その状態で、2日間(48時間)、3日間(72時間)後に、赤くなるかを判断します。